True Blue 水曜インタビュー その4

オーナーママ ゆうき

True Blue Logo

Last modified 27 Dec 2000

横浜でレストランバーをはじめて,はやいく年月。 開店して まる5年が経過し,6年目になります。
連載企画の第4弾は,やっと登場 オーナーママのゆうきです。

[True Blue Home] [Up]


 
『このお店を最初に見たときは,真っ白い つるんとした壁で,中に何もない部屋だったんです。 そこから 私と Andy で,ぜんぶつくりました。 手作りっていうと,ホントは大工さんがつくっていたりするんでしょうけど,材木を調達してきて 裁断して内装を整えたり,テーブルや椅子をつくったり,それにオーディオや照明を設置して。。。。 このお店,ホントに手作りなんです。』
 
 
『はい。 お店をつくっているとき,私は 「あっち」「こっち」って,わがままを言ってただけです。 でも Andy は,大工さんとしても立派に自立できるぐらいの腕を発揮してくれました。 オーディオや料理,ダーツも含めて,ホントに何でもできる人です。
このお店をオープンしてからは,一緒にいる時間がいちばん長いのも,Andy ですしね。』
 

[True Blue Home] [Up]


『ありがとうございます。 いつもいらしていただけるお客様には感謝 感謝です。 それに加えて,私はとっても スタッフに恵まれています。
お店の仕事,私はなんにもやっていないのに,スタッフのみんなが ぜんぶきちんと やってくれています。』

 
 
『あつの中華系のメニューは,やっぱり好評ですね。 その道で修行してきただけのことはありますよ。
ただ True Blue は,お店の雰囲気が独特ですし,飲み物のメニューの中心もカクテルだったりします。 それに お客様が期待されている味覚もあります。 そういったイメージに合わせたメニューで,あつのオリジナリティーが さらに発揮されることを,今後とも期待しています。』
 
 
『よしみちゃんの活躍で,カクテルの売り上げが のびてるんです。 スタンダードなメニューも,よしみちゃんがつくると,やっぱり ひと味ちがうようですし,お客様から「あんな感じ,こんな感じ」ってリクエストされると,ホントにそのとおりにつくれちゃうんです。
しかもそれが お客様に好評ですし,すごい腕だと思います。
本人もカクテルが大好きで,かなり研究しているようですしね。』
 

[True Blue Home] [Up]


 
『特別なことは,特に考えていません。 これからも いままでどおり,家族的な雰囲気で お客様をおもてなしさせていただくことが,True Blue の いちばんの "ごちそう" だと思いますので。
私たちスタッフは マイペースで無理なく,お客様には いつものムードで心をこめて。。。。』
 
 
『ダーツの "カウントアップ" で,500 点を超えたらカクテルをサービスとかですね!?? やっぱり遊びですから,そのぐらいの賞品があった方が,より楽しめると思いますんで。。。。』
 
 
『ほかのお店のホームページのように,料理の写真とかも掲載したいんですが,なかなか実行にうつすまでに時間が掛かってしまって。。。。
それに,パソコンの操作も覚えませんと。 いろいろなホームページを見ることは,できるようになったんですけど,まだワープロとかメールとかは,これからなんです。
ホームページをご覧のみなさまと,電子メールで直接のやりとりをしたいんですが,操作を教えてもらっている方からは,「何ごとも ものには順序があるので,メールは まだこれから」って言われてしまっています。』
 

[True Blue Home] [Up]


 
『ぜひいちど,お店の方にも遊びにきてください。(原則として)年中無休で お待ちしております。
それと,いつもお越しのお客様,これからも 無理のない 長ぁ〜い おつきあいをしていきましょう。 しばらくぶりになってしまったときでも,いつでも暖かくお迎えします。』
 

[True Blue Home] [Up]