True Blue 水曜インタビュー 2004 初夏の号外

えっ アンディー!? 6月に帰ってくるわよ!??

第2話 『一気に到着,こちらはフィリピン!!』の巻

True Blue Logo

Last modified 06 Jun 2004

お待たせいたしました。 アンディーの長期休暇と,その成果をレポートさせていただきます,この企画。 やっと第2話の開始です。

第1話が「前夜」の模様だったので,第2話は成田空港か旅客機の中,あるいはフィリピンの空港の風景から始めたかったのですが,「特別取材班」は,一気に現地に到着です ...


暑かったわよぉ〜 ...

  • 無事の ご帰国,何よりです ...  いかがでした,フィリピンは?? (← 編集者注:またまた唐突な質問ですが,取材班の帰国後にインタビューしているものですから ...)

『暑かったわよぉ〜。 ともかく暑い,暑い,暑い。
日本の夏も蒸し暑い日が続きますが,それとは質の違う暑さでした。 何も考えられない,何も行動する気になれない。 相当に厳しいところでした。 その分,朝のうちとか日が沈んだ後とかの快適さは,また格別でしたが ...』

  • Andy さんは,元気でしたか!?? 相変わらず ...(^^;;
『はい。 日本にいるときと,まったく同様に ... Andy の家族がフィリピンに住んでいるのですが,あるときは仲良く,数日に1回は一戦交えて,ともかく楽しくやっています。
日本に住んでいるときと,まったく一緒ですね。 本当に元気に過ごしています。』
  • で,ここを拠点に何か新企画を ... ,ですか!??
『それは,まだ内緒です ...(^^;; まだまだ準備は,本格的には進んでいないので,発表はまだ先になる予定です ...』

[True Blue Home] [Up]


こんな外観です ...

  • こちらの写真が,改築中の物件ですね!?? かなりの大きさのような ...
『はい,これが家の外観です。

床面積も屋根の高さも,かなりの大きさですし,それに「高床式」といいますか,床自体に相当な高さがあるんです。 フィリピンは,雨が降ると,すぐに水があふれるので,床に一定以上の高さが必要なんです。
ただ,各フロアの天井も,相当に高さがありますけども。

  • 今回の物件も,フィリピンの文化に沿ったものなのですね!??
『そのとおりです。 それに加えて,海外で家屋を持ってみると,日本固有の文化とかローカルルールとかが,初めてわかる面もありますね。 たぶん今回の家も,日本にそのまま移築しようとすると,ほとんどすべてを改修しなければならないでしょうし。』
  • ふむ。たしかに。 φ(.. )(._.)φ で,完成予定は7月でしたっけ ...
『Andy と一緒に仕事をしていただいてる大工さんによれば,あと2か月で完成とのことです。 ただ,私が見ている限りでは,あと半年ぐらい掛かりそうな気がします。
なにせ昼間の暑いときには,みんな昼寝をしているので,その間,仕事が止まるんです。 そうでなくても,日本と違って時間には大らかな土地柄ですし ...(^^;;』 (← 編集者注:日本人も十分に,時間には大らかだと思いますが。 特に True Blue の改装工事のときなど ...)

[True Blue Home] [Up]


もちろん本拠地は,日本なのですが ...

  • ところでところで,海外に拠点を構えた以上,これからもちょくちょく遠征が必要になるのでは!??
『ですね!!  まずは今回の家屋が完成するまで,1か月に1回ぐらい,現地を見に行く予定です。 そして その間に,ビジネスの計画をいろいろと錬っていきます。
ただ,6月中には Andy も日本に戻ってきますし,それ以降は 私と Andy が交互に見にいけば良いかな,などとも思っています。
なので,基本的には,日本にいるようにも思いますが ...

やはり,日本の中で海外のことを考えていていても,いざ現地を訪問すると,ぜんぜん違うアイディアが思いついたり,アイディアが現地になじまなかったり,いろいろなことがおこります。 なので,現地の空気をたっぷり吸って,身も心も現地となじんだうえで,いろいろ立ち上げたいと思っています。』

  • で,完成のあかつきには ...
『まだ,詳しくは未定です。

で,今回の家屋には,ちょっとした大きさの庭があります。 その中では,鶏なども飼育できるんです。
それに加えて,庭には ちょっとした仕掛けをつくる予定です。 その仕掛けが,今回の計画のポイントになるところです ...』

  • なるほど〜 φ(.. )(._.)φ フィリピン,庭,仕掛け,といいますと,あれですね ...
『はい,あれです!! といいますか,まだ私自身も詳しくは決めていないんで,正解は一定していないんですけどね ...

ただ,国境を越えますと,文化や風習のほか,商習慣や商品の価格は,驚くほどに違うことがあります。 そこをポイントにするビジネスが「貿易」なんですが,その部分にも関わろうかな,などとも考えています。

ただ,いきなり大きく立ち上げるのではなく,小さく始めて大きく育てたいですね。 True Blue というお店も,オープンの当初は,とても小さかったことですし ... 』 (← 編集者注:最初もいまも,お店の大きさは一定のような気もしますが ...)

[True Blue Home] [Up]


今回の取材を終えて ... 特別取材班「ゆうき」

1つ国境を越えると,文化がガラっと変わることがあります。 特に,日本からフィリピンに行くと,滞在する時間数に従い,本当にいろいろな違いに気づきはじめます。 特に今回は,「単なる海外旅行」では気が付かなかった,といいますか,気が付くことができなかったことが,いくつも発見できました。


もちろん「違い」を感じる,ということは,それぞれの文化で共通する面や,まったく同一なことを感じることでもあります。
一緒のアジア,一緒の極東地域,といいますか,やっぱり「どこへ行っても,一緒なんだなぁ〜」って感じることも,多々ありました。

以降の連載では,私自身が見てきた風物だけでなく,私が感じたことや,私が思っているいろいろなことを,記事にしていきたく思っています。
楽しみにしていてください。 (← 編集者注:この企画,Andy さんの近況を中心に,連載したかったんですが。。。 それでは,予定していたストーリーがですね。。。 そっっっ,そんな ...)

[True Blue Home] [Up]